薄毛治療・対策の種類

発毛とは?

薄毛対策の中でも発毛は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症対策として主に医療機関などで行われる方法で、医薬品を使って男性ホルモンの働きをブロックして抜け毛を予防する方法です。

医学的根拠に基づいておおなわれる治療で、数か月から数年内服薬と外用剤を使った治療を行なうと頭頂部や生え際部分の毛が太くなったり薄毛が解消される症例が目立ちます。

この治療には健康保険は適用されませんので自費となりますが、医療機関で行われる治療ですので医師の管理下によって発毛治療がうけられます。

発毛にかかる期間には個人差があるのも特徴です。

育毛とは?

育毛とは、抜け毛を防ぎ健康な髪の毛をはやすために行われる様々な施術や頭皮ケアで、一般的には育毛シャンプーやトニックなどをつかって頭皮の健康を保ち、健康で美しい髪の毛をはやすために行われるアプローチです。

市販品でも育毛シャンプーは多くのメーカーから販売されており、一定の効果がみられると口コミで評判です。

育毛に使われているシャンプーやトニックなどは医薬部外品と呼ばれるものが多く、化粧品と医薬品の中間くらいの効果が期待できるものが多い傾向にあります。

頭皮の環境を整えることで健康な髪をはやすことが出来るという考えに基づいています。

増毛とは?

増毛とは、髪の毛の薄くなった部分にカツラなどを取り付ける方法で、手軽に欲しい部分にボリュームを出すことが出来るメリットがあります。

最近では自然な感じに増毛できる商品も増えてきており、自分の髪の毛のように見えるタイプは特に人気があります。

シャンプーをするときなどには取り外す必要がありますが、水洗いが可能なタイプや茶髪、白髪交じりのタイプなどより自分の髪の毛に合わせ背自然に見えるタイプの需要が高まっています。

価格はメーカーによっても異なりますし、商品のクオリティの高さによっても異なります。

部分タイプが特に人気です。

植毛とは?

植毛とは、薄毛が気になる部分に髪が多く生えている部分から頭皮ごと切り取り、それを株分けして髪の毛の薄い部分に移植する外科手術です。

自毛を使った手術と人工の髪の毛を使った手術がありますが、自分の髪の毛を使った法がより自然に仕上げることが出来て違和感がないのが特徴です。

自分の頭皮から髪の毛を移すため、定着すれば本物の髪の毛のように脱毛したり再度生えてくることがありますが、傷口が目立ちますし一度に施術できる範囲には限界があるのも特徴です。

増毛と比べると見た目を自然にすることが出来るのが最大のメリットです。