プロペシア(フィナステリド)の効果とは?

プロペシアによる治療の効果・メリット

プロペシアは男性型脱毛症にはとても効果的な治療法と言われています。

それはこれの作用が、男性型脱毛症の根本の原因に働きかけると言うメリットがあるためです。

AGAの原因は、男性ホルモンが特定酵素に結合しジヒドロテストステロンと言う、皮脂を過剰に分泌させたりする物質に変換してしまうことです。

それによって頭皮の環境が乱れてしまい、発毛や育毛が阻害されると言うことです。

この特定酵素、5-aリアクターゼにはⅠ型とⅡ型があるのですが、この内、前者の方はAGAには関係が薄いと言われています。

プロペシアは、特にⅡ型を抑制する作用が高いため、AGAに対しての効果が高いと言うメカニズムです。

プロペシアのデメリット

ただしプロペシアには副作用が出るリスクもあると指摘されています。

その点はデメリットです。

どのような現象が出てくると指摘されているのかと言うと、まずは性欲減退です。

これは作用的に男性ホルモンの分泌にも影響を及ぼす可能性があるためでと言われています。

それからプロペシアを服用すると、初期脱毛の程度が酷くなることも明らかにされています。

ただこれに関しては原因はいまだ明らかにされていません。

それから頻尿で、これは前立腺に対しての作用があるためだと言われています。

また内服薬なので胃や腸を通過するので、それに対して刺激を覚えると下痢、腹痛が出てくることもあります。

プロペシアの費用はどれくらい?

プロペシアに対しての費用ですが、まずAGA専門のクリニックで入手する場合には、1ヶ月分、だいたい5千円から1万円程度が主流です。

また総合病院などの皮膚科で処方してもらった場合には、同じく1ヶ月分で1万円から1万5千円くらいが相場であるようです。

AGA治療を専門としているため、専門クリニックの方が少し、費用は安いようです。

ところで通常、治療に際しての薬には健康保険の扶助を受けることができます。

しかしプロペシアの場合には、健康保険は適用されません。

そもそもAGAの治療自体が健康保険の適用外だからです。

そのため基本的には、プロペシアの費用も全額実費です。

プロペシアはどこで手に入れられる?

プロペシアに関しては、海外のものを個人輸入代行サービスを利用して入手することも可能です。

ただしデメリットで述べたリスクもある以上、やはりアフターケアと言う点を考えるとAGA専門のクリニックで処方してもらった方が安心です。

専門のところなので、体質に合っているのかどうかとか、症状に適しているのかどうかと言った点に関しても判断が下されるので、その点に関しても安心です。

それからもうひとつは病院です。

この場合、主には皮膚科に相談をして、そこで処方してもらうことが一般的です。

こちらは頭皮の環境が特に乱れている場合には、そちらに対しての治療を行ってもらえます。

なお医師の処方が必要な薬なので、普通のドラッグストアなど入手することは不可能です。