ハゲの型によるAGA治療効果の違いと持続期間を解説

AGAの症状別の効果の違い

AGAは人によって症状の現れ方が異なる場合があります。

たとえば生え際(M字)型や頭頂部型の人もいれば、前頭部型の人もいます。そして、これらの症状別によってAGA治療の効果は基本的にあまり異ならないですが、あえて効き目の早さの違いを述べるのであれば、前頭部よりも頭頂部の方が効き目が早く分かることがあります。

AGAの患者は医師や専門家に対して、自身の症状を詳しく述べた上で治療の方針を決定してもらいます。

症状別によって効き方の違いはあまりありませんが、治療の方針は異なることが多いため、しっかりと準備しておくことが重要です。

効果が出始めるまでの期間はどのくらいかかる?

AGA治療の効果が出たと感じるのは人それぞれであり、たとえば毛が太くなってきたことを治療の効果と捉える人もいれば、毛の絶対量が増えたことを治療の効果と捉える人もいます。

このように、一口にAGA治療の効果といっても、そのパターンや感じ方は人によって異なるということを知っておかなければなりません。

それを前提として、AGA治療の効果が出始めるまでの期間を考察すると、少なくとも4ヶ月、遅くても1年、平均的な目安としては半年とされています。

これはあくまで効果が出始めるまでの期間なので、言い換えればAGAの改善の第一歩である期間ということを意識しておきましょう。

効果はどれくらい持続するの?

AGA治療の効果は、その種類によって持続する期間が異なる場合が多いです。たとえば治療薬にプロペシアを用いるか、あるいはミノキシジルを用いるかの判断によっても変わるでしょう。

一概に効果がどれくらい持続するかは明確にできず、一番望ましいのは薄毛がほぼ完全に解消すること、すなわち持続が半永久的に及ぶことです。

しかし、特に初めてAGA治療を受ける人などは、それぞれの治療薬によって一時的に薄毛が改善しているに過ぎない場合が多いため、それほど持続する期間は長くありません。

そのため、継続的に粘り強く治療を続けることが重要となります。

薄毛治療を止めると毛が減りはじめる?

AGA治療の最終的な目標は、治療薬に依存しなくても薄毛が改善することです。

仮に薄毛がしっかりと改善される前に治療を止めてしまうと、先述した通り治療薬によって一時的に薄毛が改善されているに過ぎない場合には、すぐに薄毛が進行し始めてしまいます。

こうなると余計に治療費や時間がかかってしまうため、出来る限り継続して治療を続けることが大切です。

最終的に医師や専門家などから、治療を終わらせても問題ないと判断されるまでは、AGA治療を止めるべきではありません。

ただ、副作用が強い場合や、経済的に厳しい場合などには、早めに医師や専門家などへ相談するようにしましょう。”