AGA治療で使われる薬の種類と効果を徹底的に解説!

プロペシアの特徴と効果

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが何らかの理由で変化したDHT(ジヒドロテストステロン)という物質によって引き起こされます。DHTが髪の毛を作る毛母細胞を攻撃してしまうため、元気な髪がじょじょに生まれなくなり、髪の寿命も短くなって薄毛が進行していきます。AGA治療薬として有名なプロペシアは、有効成分フィナステリドを含有し、この成分がDHTの活動を抑えこむことで薄毛の進行を食い止めます。正しく服用すれば必ず効果はあるため、まずクリニックなどで第一に処方されることの多い、定番といえるお薬です。

ザガーロの特徴と効果

プロペシアに含まれるフィナステリド、これの効果を大きく上回るのがデュタステリドという成分です。一説にはフィナステリドの1.5倍ジヒドロテストステロンを抑える効果があるとも言われ、この成分を含む「ザガーロ」は今後のAGA治療において主役となるのではないかと期待されています。2015年に日本でAGA治療薬としての認可を受けたばかりのため、まだクリニックでは一般的ではありませんが希望する場合は医師に相談しましょう。効果が強いだけに扱いにも注意が必要ですが、うまく使えば十分な薄毛の改善が期待できるお薬です。

ミノキシジルの特徴と効果

フィナステリド、あるいはデュタステリドを含む薬はいずれも内服薬であり、飲むことで血液中に成分を保持して効果を発揮します。これと併用されることが多いのが、育毛剤などにもよく利用されるためおなじみの「ミノキシジル」です。こちらは内服ではなく頭皮に直接塗り付けてマッサージなどを行い、毛細血管を拡張して血流を良くする働きがあります。頭皮の血行が良くなれば、髪を作る細胞のもとに必要な栄養素や酸素が行き渡るため、発毛が妨げられません。うまくDHTを内服薬で抑え、その間に外用薬で血行を良くして髪を育てる、これがAGA治療の基本パターンです。

HARG療法やメソセラピーなどの特徴

ジヒドロテストステロンを抑えながらミノキシジルで血行促進、の定番パターン以外にもAGAの治療法は存在します。たとえば、毛髪再生メソセラピー。これはミノキシジルやフィナステリド、あるいは各種の栄養剤などを混ぜたものを頭皮に直接注入するという手法で、短期間で効果を期待でき、注入といっても超音波やレーザーで無痛で行えるものが主流です。また髪の成長因子を直接頭皮に注入するHARG療法など、高度に医療的な手法も効果的です。いずれも費用は高額になってしまいますが、時は金なりと言います。経済的に余裕があり、すぐに効果を実感したい人には有効な選択肢となるでしょう。

これら治療薬を使った治療体験記事も併せてご紹介しておきます。

【関連記事】AGAの薄毛治療を沖縄県那覇市のクリニックで受けてきた【体験ブログ】