AGAとは?何が原因で発症するの?

抜け毛、薄毛の原因とは?

男性で抜け毛が増えて薄毛になってしまう場合は、AGAである可能性があります。

薄毛の多くの男性が該当するといわれています。さまざまな影響によって引き起こされると考えられている症状であり、日本語での名称は男性型脱毛症です。直接的な原因になるといわれているのは、テストステロンという物質です。

これは男性ホルモンの一種であり、体内にある特定の酵素と結合することによって、髪に悪影響を与える物質を生み出す働きをします。

遺伝も発症に関係しているといわれるのは、この物質の生まれやすさが体質として受け継がれることがあるからです。

AGAの種類と進行の仕方の違いとは?

AGAの種類と進行の様子は人によってさまざまです。

しかし共通する特徴として、ゆっくり進行していくことが挙げられます。

よくあるのは額の生え際が次第に薄くなり、そのまま前頭部に広がっていくパターンです。

剃り込みの箇所が薄毛になってしまい、生え際がM字の形状のように見えることも多いです。また頭頂部のあたりから薄毛が進んでいき、つむじの一帯の肌が剥き出しになる人もよく見受けられます。

さらに、これらのパターンの複合型として、前と上の双方から進行していくことも少なくありません。これらの進行の仕方に該当するならAGAである可能性が高いです。

ひょっとしてAGAかも?AGAのセルフチェック法

髪のボリュームが減ったうえに、抜けた毛が細いのであればAGAであることを疑いましょう。なぜなら髪が成長する前に抜けることは、AGAの代表的な特徴といえるからです。髪の太さは目視で簡単に分かるので、セルフチェックとしては難しくありません。目が悪い場合は先端を触って確認してください。細い状態で尖っていれば発症している恐れがあります。もちろん親族や生え際などを確認することも参考になりますが、抜け毛の本数をチェックするのも分かりやすいです。シャンプーをするときにたくさん抜け、寝起きに枕カバーに多く付着しているなら要注意です。

AGAではない抜け毛・薄毛もあるの?

薄毛に悩んでいるからといって、AGAであるとは限りません。

その他にも脱毛症の種類は多くあるからです。たとえば円形脱毛症も有名な脱毛症の一つです。

AGAは全体的に薄くなっていくのに対して、こちらは局所的に薄くなっていくのが一般的です。

10円玉ぐらいの狭い面積だけ薄くなることが多く、年齢に関係なく発症する特徴があります。ストレスによって子どもが発症した事例も少なくありません。

また脂漏性皮膚炎によって薄毛になる人も見られます。

頭皮にいるカビが皮脂をエサとして繁殖し、炎症を引き起こすのです。この影響によって毛根がダメージを受けてしまいます。

このような症状の場合は、薄毛治療の前にまず皮膚科での検診・治療をするべきなのです。